営業時間 10:00~19:00

福井県福井市-なりたい自分になるためのヒーリングサロン&手ごねパン教室 他

お菓子作り|寒天の使い方について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハピネス
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
福井県福井市スイーツ教室ハピネスの紺谷英里です。

今回は凝固剤として使用する寒天について、その特徴や使い方、注意点等についてまとめてみました。

ご興味がある方は、どうぞ参考にしてみてください。

 

寒天とは?

寒天とは、テングサなどの海藻を煮溶かしたもので、水ようかん等を固める際に使用します。

食物繊維が豊富で、サクッとした歯切れが良い食感が特徴です。

 

寒天の種類と使い方

棒寒天と糸寒天の場合

①水にしばらくつけておきます。

②適した分量の水を加えて混ぜながら煮溶かし、沸騰後アクをとり3~4分しっかり加熱します。

③常温で固めて、冷蔵庫で冷やします。
*寒天の固まる温度は、30~40℃です。室温で充分固まります。



 

粉末寒天の場合

①適した分量の水に、粉寒天を振り入れます。

②混ぜながら煮溶かし、沸騰後アクをとり弱火で1~2分しっかり加熱します。

③常温で固めて、冷蔵庫で冷やします。


 

使用する際の注意点

透明なので分かり辛いですが、完全に溶けたかどうか確認しましょう。

また、固まらない…ということにならないように、しっかり加熱しましょう。

 

まとめ

①寒天とは、テングサなどの海藻を煮溶かしたもの(食物繊維が豊富)で、水ようかん等に適している。

②サクッとした歯切れが良い食感がある。

③棒寒天、糸寒天、粉末寒天、それぞれの方法で使用する。

④使用する際は、完全に煮溶かし、しっかり加熱することが大事。

 

eri
eri
寒天は、食物繊維が豊富なんだね~。体に良さそう~(^^♪

 

最後までご覧いただき、有難うございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハピネス
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ハピネス , 2020 All Rights Reserved.