営業時間 10:00~19:00

なりたい自分になるためのヒーリンングサロン&手ごねパン教室 他

果たして偶然は本当に存在するのか!?

eri konya
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
eri konya
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
なりたい自分になるためのヒーリングサロン ハピネスの紺谷英里です。

早速ですが、世の中には”偶然”と”必然”という言葉が存在します。
それは、まるっきり別物と思われがちですが、実は・・・。

今回は、その件について記事にしてみましたので、興味がある方はどうぞご覧下さい。

 

偶然と必然

偶然とは・・・?

例えば、「どこか買い物や遊びに出かけたら知り合いにバッタリ会った」とか、「ある講座に参加したら隣に座っている人と地元が一緒だった」等。

このような予想していない事が起きた時に、偶然という言葉をよく使います。

 

必然とは・・・?

例えば、「取得したい資格があって一生懸命勉強した結果、見事に合格した」。こちらは、たまたま合格したではなく、そうなるべくしてそうなったと言えます。

ですが、上記で述べている偶然とは、本当に偶然なのでしょうか?ちょっと検証してみたいと思います。

 

偶然の疑問

人は、自分に見合った人以外は出会わないと言われています。つまり、自分と同じような考えを持っている人と出会いやすいということです。

例えば、ある目標に向かって進もうとしている人と、どうせ無理だからと諦めている人とでは、ほぼ関わることがなかったり、出会うことはないに等しいと言えます。

心の持ち方や考え方によって、出会う人が違ってきます。

では、どのような人達と出会うのでしょうか?

 

同じもの同士

例えば、同じような志を持って仕事をする会社仲間、プライベートでのサークル活動仲間、習い事で出会った趣味が同じ人達、好きな分野や興味がある分野が似ている人達・・・等。

このように自分の思いと似たような人達が集まってきます。

 

同じ考え

では、以下のような考えを持っていると、どのようなことが起きてくるのでしょうか?

例として:

●自分のことが好きな人は ⇒ 自分がこの人好きだなぁと思う人達が集まってくる。その人達も自分のことが好き。

●自分自身のことを信頼している人は ⇒ 同じく自分自身のことを信頼している人達が集まってくる。騙されにくい。

●自分の意志を持っている人は ⇒ 同じように自分の意志を持っている人達と出会いやすい。前に進みやすい。

●自分のことが嫌いな人は ⇒ 自分が嫌いだなぁと思う人達が集まってくる。その人達も自分のことが嫌い。

●自己否定する人は ⇒ 否定されることを言われたり、否定されるような事が起きやすい。

 

引き寄せる

上記の例で述べたように、心で思っていることは現状となって現れやすいと言われています。

言い換えれば、思っていることは引き寄せるということなのですが、ここで気をつけたいことがあります。それは、マイナスに思うことも引き寄せてしまうということです。

ただこのことに関しては、人によってそれにフォーカスする度合いが違ってくるので絶対とは言い切れませんが、もし嫌なことが起こった場合は、なぜそのようなことになったのか気付けるチャンスでもあります。

 

偶然は必然的

心で思っていることが現実になるということから、全く接点なしでは、事は起こらないということが言えます。

その人の考えによって引き寄せたり、その人にとって必要なことだったから起こったという出来事が現状に起きてきます。

したがって、偶然は必然的と言えるでしょう。

 

私の体験

●昔、スクラッチくじをバラで5枚購入したら、そのうち3枚が当たりだった!

その時の自分の気持ちは、何の疑いもなく「当たるーっ!」という思いでいっぱいでした。

 

●好きな人に自分の気持ちを伝えても、フラれることが多かった。

その頃の自分は、自分のことが嫌いだったし(当時は自分では気付いていない)、上手くいくわけないなぁ~と心のどこかで思っていました。

 

まとめ

①予想していない事が起きた時に、よく偶然という言葉を使ったりする。

②人は自分に見合った人以外は出会わないと言われている。つまり、自分と同じような考えを持っている人と出会いやすいということ。

③思っていることは、プラスもマイナスのことも実現化される。

④全く接点なしでは、事は起こらないと言えるので、偶然は必然的だと言える。

 

eri
eri
へぇ~偶然はただの偶然だと思っていたけど、必然的な事だったんだねぇ~。ということは、世の中に偶然はないということだよね。

 

最後までご覧頂き、有難うございます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
eri konya
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ハピネス , 2019 All Rights Reserved.