営業時間 10:00~19:00

なりたい自分になるためのヒーリンングサロン&手ごねパン教室 他

なぜ嫌なことは繰り返し起きるのか・・・?

eri konya
WRITER
 
spi5
この記事を書いている人 - WRITER -
eri konya
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
なりたい自分になるためのヒーリングサロン ハピネスの紺谷英里です。

ふとした時に、あれ?これ前と同じ感覚、同じ気持ち、同じことが繰り返されている・・・と思ったことはありませんか?

同じような嫌な出来事、また〇〇な気持ちになっている、繰り返されるハプニング、度々起こる体調不良・・・等

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

今回は、このような嫌なことが繰り返される原因について記事にしてみましたので、ご興味のある方は参考にしてみてください。

 

なぜ嫌な感じがする同じようなことが繰り返されるのか?

不思議に思うかもしれませんが、人間に生まれてきたということは、何かしらその人にとって必要な課題(学び)をもって生まれてきていると言われています。その課題(学び)に気付くまで何度も同じことが繰り返され、もし今生で消化されない場合は来世まで持ち越されるとも言われています。

 

課題(学び)とは?

人はどれだけ課題を持っているかは想定出来ませんが、各々課題を持っています。それをひとつひとつ気付き消化していくことで、本来のありのままの自分に近づいていく…ということにつながっていきます。

例えば私の場合を例にあげると、小さい時からよく怒られる日々が多く、大人になっても怒る人が現れ続けたこと、度々体調不良を起こしていたこと、鬱憤がたまってある日突然爆発していたこと、人間関係がうまくいかなくて会社を辞め続けていたことの根底にあるものになります。

 

自分の課題に気付くには?

課題というのは自分の奥深いところにあるものなので、なかなか気付き辛いものがあります。周りからしてみれば「直した方がいいのに…」と思うようなところなのですが、自分のことは知っているようでいて案外認識出来ていない場合が多くみられます。

嫌な事が繰り返し起こらないようにするためにも、まずは以下のことを試してみると少なからず自分のことが分かってくるかと思います。

 

自分を客観的に見る

もし、嫌だなと感じることがあったら放置せず「ちょっと、待てよ」と自分に問いただし、まずは立ち止まって自分を客観的に見ることを心掛けてみてください。自分を離れて観察することで視野が広がります。

例えば「あ 今の私イライラしている」というような自分の状態がみえてきます。受け入れることが難しかったら、とりあえず受け止めてみてください。自分を知ることが大事になってきます。

 

自分に問いかけてみる

次に自分の状態が分かったら、どうしてそうなっているのか?と自分に問いかけてみてください。周りが〇〇だから…という見方ではなく、自分に焦点をあててみることです。

例:どうしてイライラしているんだろう どうして悲しいのだろう

 

繰り返されていないか?

また、今まで同じような気持ちになったり同じような経験がなかったか、冷静になって振り返ってみてください。ひょっとしたら覚えてなかったり、すぐには思い出せないかもしれません。

現に私は1つのことに対して20代半ば頃に気付いたことがありましたが、その時は疑問に思っただけで、その後どうして良いか分からず、そのまま時が過ぎ去ってしまいました。

 

プロにみてもらう

自分の気持ちに気付いて消化出来たり状態が改善されれば良いのですが、ほとんどの方が気付き辛く、自分ではどうすることも出来ない分野でもあります。ですので、出来るだけ早めにその道のプロにみてもらうことをおすすめいたします。

 

*あくまでも一例にすぎません。

 

 

あなたに送られたメッセージ

一見、嫌なこと、見たくない、どうでもいいと思うかもしれませんが、実はそこに大きなメッセージが隠されています。「いい加減気付きなさい」「それをいつまで続けていきますか?」というような感じでやってくるかもしれませんが、根本的なことに焦点をあてて気付いていくことで解放されていきます。
もしかしたら自分の課題が消化された時、その出来事があったから気付けたという感謝の気持ちに変わるかもしれません。

 

まとめ

 

①人は何かしらその人にとって必要な課題(学び)を持って生まれてくる。

②自分の課題を消化していくことで、本来の自分に近づいていける。

③自分の課題を見つける方法として、まずは自分を客観的にみることを心掛ける。

④そして、どうしてそのような状態になっているのか、自分に問いかけてみる。

⑤また、今までに同じような気持ちになったり同じような経験がなかったか、冷静になって振り返ってみる。

⑤自分では気付き辛いものなので、自分でどうすることもできない場合は、その道のプロにみてもらう。

 

eri
eri
同じことを繰り返さないためにも、まずは自分を客観的に見ることが大切なんだね。

 

最後までご覧頂き、有難うございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
eri konya
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ハピネス , 2019 All Rights Reserved.